創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

ブックレビュー メニュー

                   2021年8月以前のバックナンバーはこちら

 

「ブランデンブルク隊員の手記 ―出征・戦争・捕虜生活」 ヒンリヒ=ボーイ・クリスティアンゼン著、 大木 毅監訳、並木 均訳 (2022年5月19日付「朝雲」)

「陸上自衛隊戦車戦術マニュアル」 あかぎひろゆき著、かのよしのり監修(2022年5月19日付「朝雲」)

「中国の航空エンジン開発史 ―国産化への遠い道」 榊 純一著 (2022年5月12日付「朝雲」)

「神は賽子(さいころ)を振らない ―第32代陸上幕僚長 火箱芳文の半生」 渡邉 陽子著、火箱 芳文監修(2022年5月12日付「朝雲」)

「中国に勝つための地政学と地経学 ―日本人に隠されている 真のチャイナクライシス」 佐藤 正久著(2022年4月28日付「朝雲」)

「世界滅亡国家史」 ギデオン・デフォー著、杉田 真訳(2022年4月28日付「朝雲」)

「補給戦 増補新版」 マーチン・ファン・クレフェルト著 石津 朋之監訳・解説、佐藤 佐三郎訳(2022年4月21日付「朝雲」)

「至誠の日本インテリジェンス ―世界が称賛した帝国陸軍の奇跡」 岡部 伸著(2022年4月21日付「朝雲」)

「国を守る覚悟」 木本 あきら著(2022年4月14日付「朝雲」)

「TARON―太論№1 宇宙空間における戦略的競争」(2022年4月14日付「朝雲」)

「日本はすでに戦時下にある」 渡部 悦和著(2022年4月7日付「朝雲」)

「人口戦略法案―人口減少を止める方策はあるのか」 山崎 史郎著(2022年4月7日付「朝雲」)

「“ざんねんな”日本国憲法」 西 修著(2022年3月31日付「朝雲」)

「陸上自衛隊ますらお日記」 ぱやぱやくん著(2022年3月31日付「朝雲」)

「中国経済はもう死んでいる」 宮崎 正弘著(2022年3月24日付「朝雲」)

「江戸幕府の北方防衛」―いかにして武士は「日本の領土」を守ってきたのか 中村 恵子著(2022年3月24日付「朝雲」)

「〈軍港都市〉横須賀~軍隊と共生する街」 高村 聰史著(2022年3月17日付「朝雲」)

「小笠原長生と天皇制軍国思想」 田中 宏巳著(2022年3月17日付「朝雲」)

「憲法政治―『護憲か改憲か』を超えて」清水真人著(2022年3月10日付「朝雲」)

「戦術の名著を読む」木元寛明著(2022年3月10日付「朝雲」)

「成田空港検疫で何が起きていたのか―検証 新型コロナウイルスの水際対策」 田中 一成著

「インド太平洋戦略の地政学」 R・メドカーフ著、奥山 真司、平山 茂敏監訳

「台湾有事のシナリオ ~日本の安全保障を検証する」 森本 敏、小原 凡司編著(2022年2月17日付「朝雲」)

「八甲田雪中行軍 一二〇年目の真実」 間山 元喜、川嶋 康男著(2022年2月17日付「朝雲」)

「捨てない生きかた」 五木 寛之著(2022年2月10日付「朝雲」)

イラストでわかる! 「兵器メカニズム図鑑」 坂本 明著(2022年2月10日付「朝雲」)

「軍港都市の一五〇年―横須賀・呉・佐世保・舞鶴」 上杉 和央著(2022年2月3日付「朝雲」)

「能登半島沖不審船対処の記録」 木村 康張著(2022年2月3日付「朝雲」)

「防衛事務次官 冷や汗日記―失敗だらけの役人人生」 黒江 哲郎著(2022年1月27日付「朝雲」)

「脳を最大限に活かす 究極の運動法」 久賀谷 亮著、中野ジェームズ修一監修(2022年1月27日付「朝雲」)

「亡びゆく中国の最期の悪あがきから日本をどう守るか」 兵頭 二十八著(2022年1月20日付「朝雲」)

「日本、遥かなり―エルトゥールルの『奇跡』と邦人救出の『迷走』」 門田 隆将著(2022年1月20日付「朝雲」)

「南シナ海問題の構図 ――中越紛争から多国間対立へ 庄司 智孝著(2022年1月13日付「朝雲」)

「ウイグル・香港を殺すもの」福島 香織著(2022年1月13日付「朝雲」)

「宇宙飛行士 野口聡一の全仕事術」 野口 聡一著(2022年1月6日付「朝雲」)

「海自オタがうっかり『中の人』と結婚した件。」 海自オタ魂は永遠に!編 たいら さおり著(2022年1月6日付「朝雲」)

「『船の食事の歴史物語』 丸木舟、ガレー船、戦艦から豪華客船まで」 サイモン・スポルディング著、 大間知 知子訳(2021年12月23日付「朝雲」)

「超訳 孫子の兵法」 許 成準著(2021年12月23日付「朝雲」)

「『日本分断計画』中国共産党の仕掛ける 保守分裂と選挙介入」 上念 司著(2021年12月16日付「朝雲」)

「安全保障と防衛力の戦後史 1971~2010 『基盤的防衛力構想』の時代」 千々和 泰明著(2021年12月16日付「朝雲」)

「『防衛外交とは何か』 平時における軍事力の役割」 渡部 恒雄、西田 一平太編(2021年12月9日付「朝雲」)

「鎌倉殿と呪術」 島崎 晋著(2021年12月9日付「朝雲」)

「世界の動きとつなげて学ぶ 日本国防史」 宗像 久男著(2021年12月2日付「朝雲」)

「『EV(電気自動車)推進の罠』 『脱炭素』政策の嘘」 加藤 康子、池田 直渡、岡崎 五朗著 (2021年12月2日付「朝雲」)

「『近未来戦の核心 サイバー戦』 情報大国ロシアの全貌」 佐々木 孝博著(2021年11月25日付「朝雲」)

「『F―Xの真実』 次期戦闘機をめぐる 日米の政治と技術の攻防史」相良 静造著(2021年11月25日付「朝雲」)

「なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか」門田隆将、竹田恒泰著(2021年11月18日付「朝雲」)

「サイバースパイが日本を破壊する」井上久男著(2021年11月18日付「朝雲」)

「戦うことは『悪』ですか」 葛城 奈海著(2021年11月11日付「朝雲」)

「無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和」 渡瀬 裕哉著(2021年11月11日付「朝雲」)

「日本が感謝された日英同盟」 井上 和彦著(2021年11月4日付「朝雲」)

「戦争はいかに終結したか ―二度の大戦からベトナム、イラクまで」 千々和 泰明著(2021年11月4日付「朝雲」)

「在外邦人の保護・救出―朝鮮半島と台湾海峡有事への対応」武田康裕編著(2021年10月28日付「朝雲」)

「陸曹が見たイラク派遣最前線」伊藤学著(2021年10月28日付「朝雲」)

「現実主義者のための安全保障のリアル」 兼原信克著(2021年10月21日付「朝雲」)

「防大女子」 松田小牧著(2021年10月21日付「朝雲」)

「コロナと闘った男」 ―感染対策最前線の舞台裏 惟村徹著(2021年10月14日付「朝雲」)

「マンガ 黄色い零戦」小沢さとる著(2021年10月14日付「朝雲」)

「気候安全保障」 地球温暖化と自由で開かれたインド太平洋 笹川平和財団海洋政策研究所編(2021年10月7日付「朝雲」)

「国際人道法 入門編」 鈴木 和之著(2021年10月7日付「朝雲」)

「自衛隊はアフリカのジブチで何をしているのか」 小山 修一著(2021年9月30日付「朝雲」)

「双翼の日の丸エンジニア」 ゼロ戦と飛燕の遺伝子は消えず 戸津井 康之著(2021年9月30日付「朝雲」)

「中国『見えない侵略』を可視化する」 読売新聞取材班著(2021年9月23日付「朝雲」)

「アメリカ副大統領」 ―権力への階段 K・A・ブラウワー著、笠井亮平訳(2021年9月23日付「朝雲」)

「権威主義の誘惑」―民主政治の黄昏 アン・アプルボーム著、三浦元博訳(2021年9月16日付「朝雲」)

「狙われた沖縄」 真実の沖縄史が日本を救う 仲村覚著(2021年9月16日付「朝雲」)

 

最新ニュースLATEST NEWS