『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。


 トップニュース

<2021年度防衛費 重要施策を見る〈1〉全般>
 防衛費9年連続増
 宇宙・サイバー・電磁波に重点

2021年1月21日更新

(↑クリックすると大きく表示します(Jpeg))

 政府が昨年12月21日に閣議決定した令和3(2021)年度予算案の防衛費は、米軍再編関係費やSACO(沖縄に関する特別行動委員会)関係費などを含めると、前年度当初予算比0.5%増の5兆3422億円、一方、それらを除いた防衛費も5兆1235億円(同1.1%増)と共に9年連続で増加し、いずれも過去最大規模となった=グラフ。政府は1月18日に召集した通常国会に予算案を提出し、3月末までの成立を目指す。来年度の防衛費について、今回の「全般」以降、「陸自」「海自」「空自」「統幕」「人事処遇」「研究開発」の各重要施策をシリーズで展望する。


 令和3年度は新たな大綱・中期防の3年度目として「多次元統合防衛力」の構築に向け、宇宙・サイバー・電磁波など新領域の能力強化を引き続き推進する。

 宇宙分野では、空自に昨年5月に発足した「宇宙作戦隊」を隷下部隊に持ち、指揮統制を担う「宇宙作戦群(仮称)」を府中基地に新編するほか、防衛装備庁事業監理官(情報・武器・車両担当)に「宇宙事業管理班(仮称)」を新設し、名称を「事業監理官(宇宙・地上装備担当)(仮称)」に変更する。

 さらに、中国やロシアが開発を進める高速で複雑な動きが特徴の極超音速滑空兵器(HGV)を宇宙空間から多数の小型衛星を連携させて探知・追尾する「衛星コンステレーション(群)」と呼ばれるシステムの検討に着手する。

 日本の衛星に衝突する危険性がある宇宙ごみ(スペースデブリ)や不審な衛星などを監視するため、令和8年度に打ち上げ予定の「宇宙状況監視(SSA)衛星」の設計や、SSA衛星の複数機の運用に関する検討も盛り込んだ。

 サイバー分野では「自衛隊指揮通信システム隊」を廃止し、同隊と同じく統幕が管理する大臣直轄の共同部隊「自衛隊サイバー防衛隊(仮称)」を約540人規模で新編する。陸海空自の関連部隊から要員を移管し、サイバー防護機能の一元化に着手する。

 これと並行して、部外教育機関による高度なスキルを持った隊員の育成や、高度な知見を有する民間人の採用も進めていく。

 このほか、防衛産業に対する情報保全施策の推進に向け、防衛装備庁装備保全管理官に「産業サイバーセキュリティ室(仮称)」を新設する。

 電磁波領域では陸自の朝霞駐屯地に本部機能を持つ「・・・

続きを読む

<2021年度防衛費 重要施策を見る〈1〉全般> 防衛費9年連続増 宇宙・サイバー・電磁波に重点(2021年1月21日更新)
新春の空に落下傘 陸自第1空挺団「降下訓練始め」(2021年1月21日更新)
海自×農水省 ユーチューブでPR作戦 カレーで食レポ対決(2021年1月21日更新)
防衛省サラリーマン川柳 倍返し言えぬ上司に「はい」返し(2021年1月21日更新)
陸自、日米最先任がTV会議 下士官の関係強化で一致(2021年1月20日更新)
中国艦1隻が対馬海峡を往復(2021年1月20日更新)
ロシア軍艦3隻が日本周辺航行(2021年1月20日更新)
陸自与那国駐屯地 念願のグラウンド完成 9レーンで住民に開放(2021年1月20日更新)
市ケ谷准曹会 手作りマスク運動 児童養護施設に寄贈(2021年1月20日更新)
満を持して「陸自飯」参戦 160駐・分屯地の名物メニュー紹介(2021年1月19日更新)
陸幕長、仏陸軍参謀総長とテレビで意見交換(2021年1月19日更新)
空幕人計課 オンラインで36会場結び先任520人が集合訓練(2021年1月19日更新)
「ごみ処理施設」の安全祈願祭 東北防衛局が43億円補助 三沢市(2021年1月19日更新)
空自築城基地 ランチタイムコンサート開催 音楽で快適な食堂空間を演出(2021年1月19日更新)
岸防衛相 日ASEAN会合に出席 サイバー能力構築支援発表(2021年1月18日更新)
防衛相 インド、シンガポール、ブラジルと相次ぎ会談(2021年1月18日更新)
陸海、八戸市が災害協定 津波発生時に避難所提供(2021年1月18日更新)
<JSDF in TOKYO 2020> 東京五輪イヤー再び 内定・有力視される体校選手(2021年1月18日更新)
恵庭市に公園オープン 北海道防衛局 約3億9600万円補助(2021年1月18日更新)
11都府県に緊急事態宣言 岸防衛相「最後の砦の役割果たす」(2021年1月15日更新)
秋田県で陸自21普連が除雪災派(2021年1月15日更新)
記録的大雪、鳥インフル、CSF 陸自各部隊が全力災派 秋田、千葉など(2021年1月15日更新)
陸自15旅団が不発弾等処理技能者養成教育 選抜の14人、女性も初参加(2021年1月15日更新)
防大の有志学生536人 横須賀で清掃ボランティア「地域住民に感謝示す」(2021年1月15日更新)
空自千歳救難隊 落下傘無事故で6000回の降下(2021年1月14日更新)
中露6爆撃機が日本周辺を共同飛行 空自スクランブル(2021年1月14日更新)
ロシア駆逐艦1隻が宗谷海峡を西進(2021年1月14日更新)
海自「こんごう」父から子へ技術継承 定年控え感無量(2021年1月14日更新)
まんがオリンピック今昔 作画 田ア義弘氏(2021年1月14日更新)
菅首相「地道な貢献」たたえる 5部隊に「首相特別賞状」(2021年1月13日更新)
日米仏3カ国の共同訓練 仏海軍の潜水艦は初(2021年1月13日更新)
<JSDF in TOKYO 2020> 自衛隊体育学校、近代五種班の精鋭ら五輪に照準(2021年1月13日更新)
陸自1普連 21人のレンジャー誕生 コロナ対策徹底し4カ月(2021年1月13日更新)
帯広地本 入隊する若者へメッセージ 金メダリスト清水氏が激励(2021年1月13日更新)
軍事利用されるかeVTOL「空飛ぶクルマ」実用化進む中国、量産へ(2021年1月12日更新)
イージス搭載艦2隻建造 スタンドオフ・ミサイル開発も閣議決定(2021年1月12日更新)
防衛省定年引き上げ 1佐57歳、2、3佐56歳に(2021年1月12日更新)
山形地本 ブルーインパルス3隊員とコラボ 遠渡隊長と共に募集広報(2021年1月12日更新)
行け!!鉄牛連隊 陸自7師団71戦車連隊長 東峰昌生1佐「丑年」の抱負(2021年1月8日更新)
次期戦闘機開発 防衛省が企業選定 米ロッキードが技術支援(2021年1月8日更新)
砕氷艦「しらせ」が南極に到着 昭和基地への物資輸送を開始(2021年1月8日更新)
福井地本 コンサートを開催 サンタから音楽のプレゼント(2021年1月8日更新)
岸防衛大臣 新春に語る 自衛隊最大限のコロナ対応(2021年1月7日更新)
新春メッセージ2021(新聞「朝雲」2021年1月7日付掲載)(2021年1月7日更新)
陸自座間駐屯地 米軍司令官ら招き門松設置(2021年1月7日更新)

 

 

朝雲新聞社の本

2021
自衛隊手帳

自衛隊装備年鑑2020-2021

アジアの
安全保障
2020-2021

防衛ハンドブック
2020

『朝雲』縮刷版2019

わかる
平和安全法制
自衛隊総合
戦力ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。