創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

防衛関連ニュース

IPD23部隊、出発 「もがみ」型護衛艦 初の海外派遣へ(2023年4月20日)

2023年5月16日更新


家族らに見送られ出港する護衛艦「くまの」(4月20日)

 海自艦艇部隊がインド太平洋方面を長期巡航する「令和5年度インド太平洋方面派遣(IPD23)」が4月20日から始まった。横須賀基地では出国行事が行われ、第一陣として第3水上部隊(指揮官・桜井敦2佐)の護衛艦「くまの」(「もがみ」型2番艦)が基地隊員や家族らに見送られ出発した。「もがみ」型護衛艦が単独で海外に派遣されるのは今回が初。

 行事では自衛艦隊司令官の齋藤聡海将が壮行の辞を述べ、「本派遣は国際社会の繁栄に貢献する我が国の強い決意を世界に対して示す極めて重要なものである」と意義を強調した。

 5年度のIPD部隊は3つの水上部隊と潜水艦部隊で編成。「くまの」の他に、第1水上部隊の護衛艦「いずも」「さみだれ」「しらぬい」、第2水上部隊の輸送艦「しもきた」とLCACが参加。隊員総数は約1190人で過去最大規模・・・

続きを読む

最新ニュースLATEST NEWS