創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

防衛関連ニュース

海、空自が捜索継続 知床沖・観光船の沈没事故災派

2022年5月20日更新

 

双眼鏡で海上や沿岸を捜索する海自掃海艇「はつしま」の乗員(5月15日、北海道・知床沖で)=統幕提供

 北海道・知床半島沖で沈没した観光船「KAZU1」(19トン、乗客・乗員26人)の事故で、自衛隊の災害派遣部隊は5月16日現在、行方不明者の捜索活動を継続している。

 同日までに、千歳救難隊などのUH60J救難ヘリ延べ19機、U125A救難捜索機延べ22機が現場海域を捜索。同15日からは海自1掃海隊(横須賀)の掃海艇「はつしま」も同海域で捜索活動を行っている。

 16日現在、自衛隊は引き続きUH60J、U125A、「はつしま」などが残る行方不明者の捜索に当たっているほか、政府現地対策本部、第1管区海上保安本部、ウトロ漁村センターに連絡員を各1人派遣し、情報収集などを実施している。

 山崎統幕長は5月12日の記者会見で・・・

続きを読む

最新ニュースLATEST NEWS