創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

防衛関連ニュース

北朝鮮 弾道ミサイル3発 7日のSLBMは「変則軌道」(2022年5月12日)

2022年5月20日更新


 防衛省は5月12日、北朝鮮が同日午後6時28分頃、西岸付近から弾道ミサイル3発を東方向に発射したと発表した。最高高度は約100キロで、通常の弾道軌道だとすれば約350キロ飛翔し、我が国の排他的経済水域(EEZ)外である北朝鮮東岸の日本海に落下したと推定される。

 北朝鮮のミサイル発射は巡航ミサイルを含め今年15回目。日本への被害は確認されていない。

 岸防衛相は翌13日の記者会見で「詳細は分析中」とした上で、「2020年3月29日などに発射された、(防衛省の区分で)『短距離弾道ミサイルC』、いわゆる北朝鮮が『超大型放射砲』と称する『KN25』の可能性も含め、さらなる分析を進めている」と説明した。

 一方、5月7日に北朝鮮が東岸の新浦(シンポ)付近から・・・

続きを読む

最新ニュースLATEST NEWS