創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

防衛関連ニュース

中国空母で発着艦200回 空自戦闘機がスクランブル

2022年5月19日更新

 
中国海軍の空母「遼寧」から発艦した艦載戦闘機J15(5月9日)=統幕提供

 防衛省は5月12日、日本近海を航行している中国海軍の空母「遼寧」(5万9400トン)での艦載戦闘機やヘリの発着艦が200回を超えていると発表し、「空母などの運用能力や、より遠方の海空域における作戦能力の向上を企図した活動である可能性がある」との見方を示した。

 「遼寧」は5月1日から2日にかけ、「レンハイ」級ミサイル駆逐艦1隻、「ルーヤンⅢ」級ミサイル駆逐艦3隻、「フユ」級高速戦闘支援艦1隻とともに長崎県・男女群島の西約350キロに現れ南進。沖縄周辺の東シナ海を航行中に「ジャンカイⅡ」級フリゲート1隻、「ルーヤンⅡ」級ミサイル駆逐艦1隻が加わり、計8隻の艦隊を編成し太平洋に出た。

 3日正午ごろからは「遼寧」艦載のJ15戦闘機、Z9、Z18ヘリの発着艦を開始した。これに対し、海自1護隊(横須賀)の護衛艦「いずも」、8護隊(呉)の「すずつき」などが警戒監視に当たったほか、空自の戦闘機が緊急発進し、空母艦載機の日本領海への接近などに備えた。

 岸大臣は10日の定例会見で・・・

続きを読む

最新ニュースLATEST NEWS