創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

防衛関連ニュース

海自が創設70周年記念式典(2022年4月26日)

2022年5月17日更新

 

海自創設70周年記念式典で式辞を述べる酒井海幕長(壇上中央)=4月26日、横須賀芸術劇場で

海幕長「大胆に加速的に変革を」

 海上自衛隊は4月26日、「創設70周年」を迎え、横須賀市内で記念式典を開催した。前身の海上警備隊が1952年に同市田浦地区の旧海軍水雷学校跡地(現・2術科学校)に創設されてから今年で70年。市内の横須賀芸術劇場大ホールで式典が開かれ、鬼木副大臣、酒井海幕長をはじめ、在日米海軍司令官のカール・ラティ少将ら約320人が出席した。

 最初に海自東京音楽隊の三宅由佳莉2曹と橋本晃作2曹が国歌を斉唱。続いて70年間の海自の殉職者477柱に対し、出席者全員で黙とうを捧げた。

 この後、酒井海幕長が式辞で、世界の安全保障環境が大きく変化していることに言及。「海自はこれまで掲げてきた“精強・即応”に加え、“持続力とスピード感”をもって情勢に対応していかねばならない。今後はより大胆に、加速的に組織を変革し、発展していく必要がある」と隊員たちに呼びかけた。

 続いて鬼木副大臣が訓示で・・・

続きを読む

最新ニュースLATEST NEWS