創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

防衛関連ニュース

空幕長 体力練成優秀部隊を表彰(2022年3月28日)

2022年5月16日更新

 

オンラインで体力測定Ⅰの優秀部隊を表彰する井筒空幕長(左)=3月28日、空幕で

 【空幕教育室】空自は3月28日、令和3年度の体力測定Ⅰ(腕立て伏せ、腹筋、3キロ走)の優秀部隊を表彰した。

 この表彰は平成25年度から始まり、今回で9回目。航空方面隊・集団等隷下の約80個部隊を対象に所属隊員の平均の級等を競う「練成成果」と、前年度との平均の等級の伸び率を競う「練度向上」の2部門で、成績の上位3個部隊に表彰状が贈られた。

 「練成成果の部」は硫黄島基地隊が見事2連覇を成し遂げ、中施隊(入間)が2位、特輸隊(千歳)が3位となった。部隊規模に応じて3つにクラス分けされた「練度向上の部」では、4空団(松島)、13飛教団(芦屋)、機動衛生隊(小牧)がそれぞれ優秀賞を獲得した。

 井筒空幕長は硫黄島基地隊司令の中澤武志1佐、4空団司令の増田友晴将補ら優秀部隊の代表に空幕からオンラインで表彰伝達を行った。式にはオンラインで副長の阿部睦晴空将、人教部長の倉本昌弘将補が立会。井筒空幕長は・・・

続きを読む

最新ニュースLATEST NEWS