創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

防衛関連ニュース

統幕長、印など訪問(2022年4月24~30日)

2022年5月12日更新

 

米インド太平洋軍司令官のジョン・アクイリーノ海軍大将(左から2人目)らと共に「ライシナ・ダイアローグ2022」に出席した山崎統幕長(その右)=4月27日、インド・ニューデリーのタージパレスホテルで

カンボジアでは首相と会談

 山崎統幕長は4月24日から同30日までインド、カンボジアに出張し、インド外務省などが開催した多国間フォーラム「ライシナ・ダイアローグ2022」に参加した。

 同フォーラムは25~27日にニューデリーのホテルで開かれ、統幕長は「21世紀におけるグローバルリスクの展望の再評価」をテーマに行われたパネルディスカッションに出席。自衛隊が米、豪、印、仏といった同盟国やパートナー国と緊密に連携し地域の平和と安定のために積極的に取り組むことの必要性に言及し、「『自由で開かれたインド太平洋』というビジョンを実現するため、二国間・多国間協力を推進していくことが重要だ」と述べた。

 インド滞在中、統幕長は英国防参謀長のトニー・ラダキン海軍大将、豪国防軍司令官のアンガス・キャンべル陸軍大将ら各友好国の将官と意見交換を行った。

 その後、カンボジアの首都プノンペンに移動、4月28、29の両日、フン・セン首相、ティア・バニュ副首相兼国防相、国軍司令官のヴォン・ピセン陸軍大将、陸軍司令官のフン・マネット中将と相次いで会談した。

 首相・副首相との会談では戦略的パートナーシップに基づき発展してきた日・カンボジア両国の関係を評価し、自衛隊とカンボジア軍の一層の連携について議論。

 国軍・陸軍司令官との会談では・・・

続きを読む

最新ニュースLATEST NEWS