創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

防衛関連ニュース

急患輸送で地域に貢献 213飛行隊が廃止 館山(2022年4月1日)

2022年5月11日更新

石川一郎21空群司令(2列目左から4人目)、菊地21空司令(その右)を囲み記念写真に納まる213飛行隊の隊員たち(2月14日)

 【館山】海自21空群は21空が保有するUH60J救難ヘリ(8977号機)が除籍したことを受け、4月1日、第213飛行隊廃止式を行った。

 213飛行隊は2018年4月、前身の73航空隊の廃止後、21空に編成された。同隊は伊豆諸島や周辺海域での人命救助や急患搬送を担い、19年には台風15号、19号による被害偵察を行うなど、防災の一翼を担った。

 式では21空司令の菊地敏明1佐と最後の飛行隊長の神藤仁3佐が、部隊表札を取り外し・・・

続きを読む

最新ニュースLATEST NEWS