創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

防衛関連ニュース

2022年度防衛費重要施策を見る <7> 研究開発

2022年5月9日更新

 

次期戦闘機(FX)と一体的に運用される「戦闘支援無人機」の運用イメージ(防衛省の予算資料から)

次期戦闘機 設計に着手

 戦局を劇的に変えることが可能な「ゲームチェンジャー兵器」の開発競争が主要国間で熾烈を極めている。人工知能(AI)、電磁パルス、対空レーザー、極超音速ミサイルなど、従来の兵器を無力化できる革新技術の開発は防衛省の主要なテーマにもなっている。

 鈴木敦夫防衛装備庁長官は本紙の年頭メッセージで、「技術的優越を確保し、優れた装備品を早期かつ効率的に取得するため、(本年も)研究開発等の課題に積極的に取り組んでいく」と決意を述べた。その言葉どおり、22年度防衛予算では「研究開発」に過去最大となる2911億円を確保。制空権の維持に欠かせない次期戦闘機(FX)の開発には関連研究を含め1001億円を投じ、機体やエンジンなど搭載装備品の基本設計にもいよいよ本格着手する。

 このFXを筆頭に・・・

続きを読む

最新ニュースLATEST NEWS