『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。

TOPコラム >時の焦点


 時の焦点<国

強い言葉で語るよりも

首相と人質事件
 こんな理不尽なことが許されるのか。怒りを静めることがなかなかできない。

 過激派組織「イスラム国」は、人質にしていた邦人2人を殺害したと表明した。

 脅迫映像を動画サイトに何回も投稿した。人質の後藤健二さんを映像に登場させ、自分たちの要求を読み上げさせた。力を誇示し、国際社会の恐怖心をあおるのが目的だったのだろう。最初から、人質解放の交渉をする気などなかったのではないか。

 野党の一部からは、安倍首相の責任論が出ている。イスラム国対策の2億ドルの拠出表明が、過激派を刺激し、テロを招いたという理屈だ。

 だが、相手は狂信的な犯罪者集団である。道理や常識も通じない。憎むべきは、イスラム国であり、首相を責めるのは筋が違う。

 後藤さんの殺害映像が流れたのは、2月1日の日曜日。午前5時頃のことだ。

 直ちに報告を受けた首相は、メッセージを発した。

 「テロリストたちを決して許さない。その罪を償わせる」

 政府関係者によると、首相自らの意志で「償わせる」と原稿に付け加えたのだという。

 空爆など軍事的な措置を意味するのかと、思わせるほどの激しい言葉である。

 その後、首相は発言の真意について「時間がかかろうとも国際社会と連携して犯人を追いつめ、法の裁きにかけるとの強い決意を表明したものだ」と説明した。

 テロリストは、「アベ」と呼びかけ、首相を挑発した。首相の激しい憤りは、理解できる。

 ただ、これから首相に求められるのは、「強い言葉」で、国民を鼓舞することではあるまい。

 冷静沈着に、今やるべきことを着実にやる、ということである。

 まず、日本の中東政策を国民に丁寧に説明し、理解を広げることだ。

 イスラム国は、イラクやシリアの混乱に乗じて、勢力圏を拡大していること。貧困に苦しんだり、疎外感を抱く若者らが、過激思想に染まり、戦闘員としてイスラム国に合流していること。

 インターネットを通じてテロが国境を超えて拡散していること。その封じ込めには、国際社会が連携して対処するしかないこと。そして、経済大国の日本は、国際平和の恩恵を享受していること。

 首相自ら、繰り返し国民に語りかけることが大切だ。

 安倍政権が中東地域の安定や民生向上のため、医療や保健などの分野でどんな貢献をしているのか。具体的に説明することも欠かせない。

 テロに巻き込まれないように、在留邦人の安全確保策も講じたい。日本国内でテロが起きないように、重要施設の警備なども怠ってはならない。

 危機に立ち向かう首相として、今こそ指導力を発揮してもらいたい。

風間 二郎(政治評論家)

 

朝雲新聞社の本

自衛隊装備年鑑
2021-2022

アジアの
安全保障
2021-2022

防衛ハンドブック
2021

『朝雲』縮刷版
2020


2021自衛隊手帳
わかる
平和安全法制

自衛隊総合戦力
ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。