創刊70年を迎える『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える
安保・防衛問題の専門紙です

朝雲新聞社の本

自衛隊装備年鑑2021-2022

陸海空自衛隊装備品のことならこの1冊!

  

 

著者名 朝雲新聞社出版業務部
発 行 朝雲新聞社
判 型 A5判・512ページ・巻頭カラー口絵・全コート紙
定 価 本体3,800円+税

 自衛隊装備品資料の決定版「自衛隊装備年鑑」の最新版。
最新装備の19式装輪自走155mmりゅう弾砲や03式中距離地対空誘導弾をはじめ、20式5.56mm小銃などの小火器や迫撃砲、誘導弾、10式戦車や16式機動戦闘車などの車両、V-22オスプレイ等の航空機、施設や化学器材などを分野別に掲載する陸上自衛隊編、護衛艦、潜水艦、掃海艦艇、ミサイル艇、輸送艦などの海自全艦艇をタイプ別にまとめ、個々の建造所や竣工年月日などを見やすくレイアウトしたほか、P-1哨戒機などの航空機、艦艇搭載・航空用武器、通信電子機器も詳しく紹介する海上自衛隊編、最新のF―35A戦闘機はもちろん、F―15/F―2などの戦闘機をはじめとする空自全機種を性能諸元とともに写真と三面図付きで掲載。他に誘導弾、レーダー、航空機搭載武器、車両なども余さず紹介する航空自衛隊編で構成。いずれも豊富な写真、図、詳細な性能緒元、解説付きで紹介する。
資料編では「スタンドオフ能力強化により戦闘様相はどう変わるのか」「レーザー兵器開発の現況」「海外新兵器情勢」「防衛産業の動向」「令和3年度防衛省業務計画」「令和3年度防衛予算の概要」等をテーマとした論文、資料を掲載。
自衛隊装備の最新情報はこの1冊におまかせ!

お申し込みはこちら

 

電子書籍版「自衛隊装備年鑑2021-2022 Kindle版」も発売中。定価3000円。

ご購入は以下のURLをクリック

https://www.amazon.co.jp/dp/B09JBV8BHR

 

最新ニュースLATEST NEWS