『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。

TOP > 防衛関連ニュース


 防衛関連ニュース

<ビッグレスキュー その時に備える>
 第31回 竹本三保氏 元大阪府立狭山高校校長

2020年6月23日更新

 オーストラリアのパース市を訪れ、同市のキャリー校と狭山高校の間で姉妹校提携を結んだ竹本三保元狭山高校校長(元奈良県教育委員会事務局参与/竹本教育研究所長)(右)。
 校内での紹介で「竹本校長は元海軍大佐(海自1佐)です」との説明に、生徒たちからどよめきが上がったという

 竹本校長は生徒たちの自立や危機管理能力の向上に力を注いだ。写真は狭山高のキャリア教育の一環として「さやまカタリバ」を開催、語り部の大学生(左)から体験談を聞く高校2年生たち

高校の学校長として生徒の危機管理に全力

はじめに

 幹部自衛官は、50代半ばで定年を迎えます。「50代は、まだもう一仕事しないと申し訳ないな」と思い、私が考える国のもう一つの柱である「教育」に挑戦することにしました。

 大阪府の「公募校長」試験に応募し、1次の論文等審査、2次の集団討論、個人面接を経て合格し、2012年から大阪府立狭山高等学校で校長を5年間務めました。

非常事態初動対処チームの編成

 「(自宅から学校まで)遠いですね」と言われたら、直線距離は20キロくらいなので、「ヘリコプターなら山越えで20分ですけどね」と冗談を言います。「それって、元自衛官の発想ですね」と、これで笑いが取れなかったことはありません。

 高等学校に着任してすぐのことです。私は通勤に片道約2時間もかかり、教頭は1時間半かかるということで、「管理職が不在時、学校で何か問題が起きた際の体制を整えておかないといけない」と思いました。学校の近隣に住む教員5名に初動の対処をお願いすると快諾してくれ、「非常事態初動対処チーム」と名づけました。

 どういう事態を想定しているかというと、大規模災害とかではなく、狭山高校のみで生起した事象で、委員会への報告を要し、メディアが動き始める類の事象です。電話を受けると同時に校長等は動き始めますが、タイム・ディレイ(時間的遅れ)が生じるので、学校に到着するまでの間、校長室を指揮所として2本の外線で対応するというものです。

 「非常事態初動対処チーム」という名称は、ものものしい、いかにも元自衛官らしい名称だと思われたかもしれませんが、実はそこが狙いでもあって、わざと難しい名前をつけて、教員の危機管理意識を高めました。

モンスター・ペアレンツへの対応

 着任して間もない頃、暴力事件が起こりました。男子生徒同士が対峙し、けんかになりそうな状況を確認した女性教諭が、自分の手に負えないと判断し、同僚を呼ぶためにその場を離れました。まさにその時、事件は起こりました。生徒を守るべき教師なのに、守れなかったわけです。

 新学期が始まりバタバタしている時期ということもあり、保護者とのボタンの掛け違いも多く生起し、ますます教員は信頼を失い、生徒指導部、学年主任では解決しないところまで来てしまいました。

 先生方は、保護者のことを「モンスター・ペアレンツ」と呼んでいましたが、本当でしょうか? とうとう校長の私が対応することとなりました。夜の・・・

続きを読む

第1回DG(ダルマ・ガーディアン)普及訓練 テロリスト掃討(2020年7月6日更新)
海賊対処14次支援隊司令ら陸幕長に出国報告(2020年7月6日更新)
「はるさめ」7カ月ぶり帰国 佐世保総監 総理大臣特別賞状を伝達(2020年7月6日更新)
地本が自宅学習中の大学生にPR キャンパス内から情報発信(2020年7月6日更新)
海自遠洋練習航海部隊 シンガポール海軍と訓練 米、印とも連携強化(2020年7月3日更新)
昨秋の台風災派部隊に1級賞状 人命救助や生活支援に全力(2020年7月3日更新)
竹之内3尉 潜水艦乗りへ船出 教育課程終える(2020年7月3日更新)
女性空挺隊員2号 大木3曹「自覚持って日々精進」(2020年7月3日更新)
防衛政策局に課長級「参事官」ポスト新設 防衛省でASEANなど担当(2020年7月3日更新)
空自8空団のF2が米B52と共同訓練(2020年7月3日更新)
陸上イージス 秋田・山口への配備断念 首相「今夏NSCで議論」(2020年7月2日更新)
三沢で初の「エレファント・ウオーク」日米31機が行進(2020年7月2日更新)
ホテルグランドヒル市ヶ谷、7月から営業再開(2020年7月2日更新)
3自広報施設が再開 コロナ対策講じリニューアル(2020年7月2日更新)
「おおなみ」アデン湾でEU海上部隊と共同訓練 海賊対処の連携強化(2020年7月1日更新)
空自3空団に2級賞状 北空音は3級賞状 深澤北空司令官が伝達(2020年7月1日更新)
フェイスガード1000個製作 関東処用賀支処 中病などへ提供(2020年7月1日更新)
九州補給処、陸自4師団へ感染防護服を300着(2020年7月1日更新)
陸自滝ヶ原駐屯地業務隊がマスク製作し配布(2020年7月1日更新)
「ブルーインパルスを作って飛ばそう!」〝空飛ぶペーパークラフト〟登場(2020年7月1日更新)
防衛医科大学校病院 新型コロナ患者対応の最前線を振り返る(2020年6月30日更新)
防衛相 パプアニューギニア国防相と電話会談(2020年6月30日更新)
日EU制服組トップ電話会談 防衛協力の重要性を確認(2020年6月30日更新)
空幕長、フランス空軍参謀長と電話会談 防衛協力を推進(2020年6月30日更新)
陸自中方音の歌姫 鶫3曹が3rdアルバム「そして、未来へ」発売(2020年6月30日更新)
米陸軍の新たな機動支援艇「MSV」(2020年6月29日更新)
<世界の新兵器> 空対空ミサイル「AIM260JATM」(米)デュアルモード・シーカー採用(2020年6月29日更新)
<防衛トピックス> ―国内―「空飛ぶ軽トラ」川崎重工が開発(2020年6月29日更新)
日米共同訓練 護衛艦「かが」で米陸軍ヘリ発着艦(2020年6月29日更新)
日米共同訓練 米B52Hと空自機が編隊航法(2020年6月29日更新)
遠渡祐樹2佐ブルーインパルス新隊長、就任の抱負 伝統守りさらに〝上昇〟(2020年6月26日更新)
陸自 矢臼別でHTCを初運営 連隊規模の対抗戦を評価(2020年6月26日更新)
令和元年度の3自衛隊災害派遣実績 派遣人員2年連続100万人超え(2020年6月26日更新)
鹿児島接続水域を中国潜水艦が西進 防衛大臣が発表(2020年6月26日更新)
潜水艦「とうりゅう」ロゴマーク決定 龍が日本を守る姿イメージ(2020年6月26日更新)
陸上イージス計画停止 防衛相 山口、秋田両県知事に説明(2020年6月25日更新)
海幕長 イージス艦8隻体制で弾道ミサイルに対処(2020年6月25日更新)
陸自10師団、13旅団が災派 岐阜など4県でコロナ対策の衛生教育(2020年6月25日更新)
児童養護施設に手作りマスク寄贈 海自21空群 館山(2020年6月25日更新)
陸自高等工科学校 英語教官(正職員)を募集 締め切りは7月10日(2020年6月25日更新)
緊急事態宣言の解除受け各地で自衛官候補生試験始まる(2020年6月24日更新)
キャンプ座間で日米隊員が清掃活動 奉仕を通じ部隊間交流(2020年6月24日更新)
実機雷処分訓練 海自が硫黄島周辺で開始(2020年6月24日更新)
ロシア情報収集機 日本海を飛行(2020年6月24日更新)
延期だった一般曹候生の1次試験 6月下旬から複数回(2020年6月23日更新)
<ビッグレスキュー その時に備える> 第31回 竹本三保氏 元大阪府立狭山高校校長(2020年6月23日更新)
医科歯科幹候生ら13人卒業 空幹候校長「各種事態に備え任務を」(2020年6月23日更新)
空幕幹部 豪空軍とテレビ会議 将来連携について協議(2020年6月23日更新)
新潟地本の動画が話題 再生1万3000回を突破(2020年6月23日更新)

 

 

朝雲新聞社の本

自衛隊装備年鑑
2020-2021

アジアの
安全保障
2020-2021

防衛ハンドブック
2020

『朝雲』縮刷版
2019

2020自衛隊手帳
わかる
平和安全法制

自衛隊総合戦力
ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。