『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。

TOP > 防衛関連ニュース


 防衛関連ニュース

海自遠洋練習航海部隊 所感文
米・ノーフォーク~帰国

2018年12月5日更新

 5カ月間の世界一周航海を終えて帰国した実習幹部を出迎えた家族たち(海自横須賀基地で)


 大きくなった子供を抱き上げ、再会を喜ぶ隊員


 パナマ運河を通峡中、水位を上げ下げする「閘門」の機能を見学する実習幹部たち

・・・他

シーマンシップ培った5カ月間

 海自の平成30年度遠洋練習航海部隊(練習艦「かしま」、護衛艦「まきなみ」で編成、指揮官・泉博之練習艦隊司令官以下、実習幹部188人を含む576人)は10月30日、世界一周の航海を終え、約5カ月ぶりに横須賀に帰国した。航海の終盤、部隊は米東海岸で大型ハリケーンの接近を受け、予定を早めて出港。パナマ運河を通峡して太平洋に出た後は、メキシコ、米ハワイを経て日本に戻った。遠航最後の旅路を実習幹部の所感文で振り返る。


米東海岸・ノーフォーク

船乗りは海と気象が相手 村上 亮介 3海尉

 米東海岸バージニア州のノーフォークは米海軍最大の軍港である。江戸末期に浦賀に来航したペリー提督率いる艦隊もこの地から出港した。まさに日本とアメリカの歴史の始まりの場所とも言える。

 我々の入港時には多数の米艦艇が停泊していて、その壮大さに改めて世界一の海軍の凄さを実感した。

 東海岸では大型のハリケーンが近づき、荒天が予想されたため、当初の停泊日数が変更となった。我々の研修の一部もキャンセルとなり残念だったが、船乗りは海と気象を相手に活動している。気象状況によって予定が変更されることは珍しくないので、柔軟に対応していかなければならない。

住民と共にある「海軍歓迎」の街 横川 隆信 3海尉

 ノーフォークでは米海軍の2隻の空母や数多くの揚陸艦、補給艦、イージス艦などが我々を出迎えてくれた。基地内はロジスティクスを含めた陸上施設も非常に充実していて、まさに世界最大の軍港という名に恥じぬ基地であった。

 基地の外の街も非常に興味深く、赤レンガ造りの古い街並みはアメリカ南部の落ち着いた雰囲気を感じさせた。あちこちに「海軍歓迎」と書かれているのを見て、住民と海軍が共に街を作っているのだと実感した。

一挙手一投足が信頼に直結 長坂 勇希 3海尉

 ノーフォークでは海自の制服を着用し、桟橋を歩く機会があったが、その際、米海軍の下士官から敬礼を受けた。我々のような経験のない実習幹部でも、彼らから見ると1人の士官である。自分の一挙手一投足が自衛隊、日本国の威容や信頼に直結していると再認識した。

 訪れたスーパーでは、現地の人から「海軍でのサービス、ありがとう」と我々までねぎらわれ、諸外国では軍人が国民から尊敬されていることを体感し、身の引き締まる思いだった。


ノーフォーク~パナマ運河通峡

 ・・・

続きを読む

新政府専用機 VIP会議室など公開 2019年4月任務運航開始(2018年12月14日更新)
海賊対処水上部隊32次隊が出港 支援隊11次隊第1波も出国(2018年12月14日更新)
新型イージス護衛艦「まや」ロゴマークを募集(2018年12月14日更新)
統幕学校主催「国際平和と安全シンポジウム」能力構築支援を討議(2018年12月13日更新)
在外邦人等保護措置訓練「ひゅうが」初参加 日光、米子、美保で(2018年12月13日更新)
四国沖で米軍機2機墜落 海空自が捜索救助に全力(2018年12月13日更新)
日印初の空軍種共同訓練「シンユウ・マイトゥリ」終了(2018年12月12日更新)
対馬駐屯地 創立38周年記念行事 首相「特別賞状」誇らしく(2018年12月12日更新)
海自アクロバットチーム「ホワイトアローズ」T5秋空の下、編隊飛行(2018年12月12日更新)
京都地本が防大フォーラム支援 防大×京大 安全保障テーマに討論(2018年12月12日更新)
千鳥ヶ淵戦没者慰霊祭で陸自34普連が儀仗(2018年12月12日更新)
市民への救助・救命活動で海自横教学生7人に善行褒賞(2018年12月12日更新)
「かが」「いなづま」インド海軍と立ち入り検査など演練 ベンガル湾(2018年12月11日更新)
アデン湾で「いかづち」インド海軍と共同訓練 連携強化(2018年12月11日更新)
アジア太平洋地域多国間協力プログラム「みちのくアラート」を公開(2018年12月11日更新)
海賊対処水上30次隊に特別賞状 航空32次隊には1級賞状(2018年12月11日更新)
グランドスラム柔道大阪大会 体校・濵田が銅メダル(2018年12月11日更新)
日印共同実動訓練「ダルマ・ガーディアン18」(2018年12月10日更新)
陸海空幕長から部外功労者に感謝状 52団体・57人に(2018年12月10日更新)
30年度防衛基盤整備協会賞 4件の研究開発が受賞(2018年12月10日更新)
全国防衛協会女性部会 松下元自衛艦隊司令官が講演(2018年12月10日更新)
護衛艦「ふゆづき」が米空母と巡航訓練(2018年12月10日更新)
中音が育成支援のパプア軍楽隊、安倍首相夫妻に演奏披露(2018年12月7日更新)
日米印首脳が初の会談(2018年12月7日更新)
豪軍機が今年3度目の「瀬取り」監視(2018年12月7日更新)
12月に日出生台でフォレストライト(2018年12月7日更新)
レーダー無事故誘導管制 海自初、80万回を達成(2018年12月7日更新)
比空軍に陸自UH1H用途廃止の部品、無償で譲渡(2018年12月6日更新)
日印空軍種、初の共同訓練 インド北部 高標高で離着陸(2018年12月6日更新)
日米の回転翼経験者ら専門家 飛行安全で初会合(2018年12月6日更新)
陸自帯広5旅団 病院移転で患者輸送(2018年12月6日更新)
中国艦艇が対馬海峡航行(2018年12月6日更新)
海自遠洋練習航海部隊 所感文 米・ノーフォーク~帰国(2018年12月5日更新)
下総基地で海曹会発足(2018年12月5日更新)
ホテルグランドヒル市ヶ谷 東館リニューアルオープン(2018年12月5日更新)
陸空の優秀隊員を表彰 陸自35人、空自10人(2018年12月4日更新)
海自東音定例演奏会 1600人を魅了 中高生と共演(2018年12月4日更新)
防大開校祭に1万9000人 棒倒しは2大隊3連覇(2018年12月4日更新)
陸自中央音楽隊「第156回定期演奏会」(2018年12月4日更新)
インド海軍主催シンポジウム 海幕長がスピーチ 海軍種の協力の重要性強調(2018年12月3日更新)
陸軍兵站幕僚会議 20カ国26人の兵站実務者集う 陸幕装計部主催(2018年12月3日更新)
陸自秋田駐屯地 創立記念で初 女性隊員が降下展示(2018年12月3日更新)

 

 

朝雲新聞社の本

2019自衛隊手帳
アジアの
安全保障
2018-2019

自衛隊装備年鑑
2018-2019

平成30年度
防衛ハンドブック

『朝雲』縮刷版
2017

わかる
平和安全法制

自衛隊総合戦力
ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。