『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。

TOP > 防衛関連ニュース


 防衛関連ニュース

西日本豪雨 防衛省チャーター船に宿泊も
広島での入浴支援終え岡山へ
(2018年8月3日~)

2018年8月2日更新

 「はくおう」船内のカウンターで入浴受付の対応に当たる(左から)中国四国防衛局の職員と防衛装備庁の職員(7月28日、広島県三原市の尾道糸崎港で)

自衛隊災害派遣2万1千人態勢

 7月初旬に発生した西日本の豪雨災害で、防衛省・自衛隊は同31日現在、即応予備自衛官約300人を含む約2万1000人態勢で、広島、岡山、愛媛の3県を中心に引き続き捜索活動と被災者の生活支援に当たっている。各地でインフラ復旧が進む中、広島県三原市では断水がほぼ解消したことから、防衛省のチャーター船「はくおう」による尾道糸崎港(三原市)での入浴支援は29日に終了。8月3日からは岡山県の宇野港(玉野市)に展開し、避難所生活が長引く倉敷市などの被災者を対象に食事と入浴付きの宿泊サービスを開始する。


装備庁派遣隊「はくおう」運用を指揮

 防衛省がPFI(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ=民間資金等活用事業)方式で契約している民間貨客船「はくおう」の維持・管理と運用は、防衛装備庁装備政策部装備制度管理官が担っており、2年前の熊本地震の際も八代港に停泊させ、被災者のために1泊2日の宿泊・食事・入浴のサービスを無償で提供した実績がある。「はくおう」を活用した救援活動は、今回で2回目。

 宇野港では、熊本地震の際と同様、避難所暮らしが長引く被災者にひと時の安らぎとプライベート空間を提供する〝ホテルシップ〟として、1泊2日を基本とした宿泊・食事・入浴のサービスを実施する予定だ。その後、岡山県倉敷市の港でも実施を目指す。

 一方、三原市の尾道糸崎港で15日から29日まで半月間にわたった入浴支援では、装備庁装備制度管理官付の部署から3人のチーム長が順次派遣され、同庁職員を主力に常時約40人態勢で運用に当たってきた。

 1、2次派遣隊のチーム長を務めたのは、共に補給・管理企画室の室長補佐の山下晃事務官(15~19日)と中山雄介技官(20~25日)、3次派遣隊チーム長は装備制度統括官の磯福朋之技官(26~29日)が務めた。

 「はくおう」は当初、陸自13旅団(海田市)が6月中旬に開始した「協同転地訓練」に伴い、隊員や車両などを載せて北海道に機動展開していたが、・・・

続きを読む

外洋行動中の乗員の通信環境整備 家族からのメールを個人のスマホで閲覧 海幕厚生課(2018年8月15日更新)
米軍三沢、車力通信所で指揮官交代式 深澤東北局長ら出席 東北局(2018年8月15日更新)
「しらぬい」海上公試 三貝九州防衛局長が視察 長崎支局(2018年8月15日更新)
JALとANA招き技術交流会 海自徳教空群(2018年8月15日更新)
アジア大会壮行会で体校21選手『東京』見据え決意新た(2018年8月15日更新)
パシフィック・パートナーシップ2018 陸海空自チームが医療活動(2018年8月14日更新)
米海軍病院船「マーシー」横須賀入港 海自と日米衛生共同訓練(2018年8月14日更新)
陸自14旅団が海自「おおすみ」と協同転地演習 静岡・沼津海兵訓練場(2018年8月14日更新)
シンガポール艦艇が佐世保入港「すずつき」と交流(2018年8月14日更新)
米気象隊長 空自横田気象隊を訪問、交流(2018年8月14日更新)
陸自が山形県最上郡で給水、給食支援(2018年8月13日更新)
国連「アフリカ早期展開プロジェクト」ケニアで今年度2回目の施設教育(2018年8月13日更新)
グラフ特集 西日本豪雨 安心と笑顔のために(2018年8月13日更新)
空自6空団のF15が米B52と訓練(2018年8月13日更新)
防衛医大病院が非常勤看護師募集(2018年8月13日更新)
新型イージス艦「まや」進水 2020年3月に就役(2018年8月10日更新)
北朝鮮船籍タンカー「瀬取り」10例目公表 防衛省(2018年8月10日更新)
空自体験飛行抽選会 当選倍率4.94倍 初実施のC2は11倍(2018年8月10日更新)
西日本豪雨災派に従事の15即機連 全日本銃剣道制す(2018年8月10日更新)
硫黄島戦没者の追悼式と顕彰式 海自横教(2018年8月10日更新)
日露「2プラス2」統幕長の年内訪露で調整(2018年8月9日更新)
西日本豪雨 発生から1カ月 災派態勢 徐々に縮小(2018年8月9日更新)
「イージス・アショア」に最新レーダー 探知距離1千㌔超(2018年8月9日更新)
北海道、中・四国の駐屯地から対北朝鮮「PAC3」を撤収(2018年8月9日更新)
小野寺大臣、南与座分屯地を視察 南西防空の隊員を激励(2018年8月8日更新)
河野統幕長が米インド太平洋軍司令官と会談(2018年8月8日更新)
元海自医官 金井宇宙飛行士がミッション報告(2018年8月8日更新)
豊田前次官が離任 髙橋新次官ら大勢の職員に見送られ(2018年8月7日更新)
英海軍「アルビオン」が晴海に入港、「瀬取り」の監視活動の一環でアジア太平洋に派遣(2018年8月7日更新)
空幕長、英空軍記念行事に参加 英参謀長らと意見交換(2018年8月7日更新)
警察、消防、海保と連携 各地で募集合同説明会 奈良、静岡、滋賀(2018年8月7日更新)
テレビで自衛官募集をPR 陸海空の女性隊員が出演 青森(2018年8月7日更新)
沖縄に夏告げる「那覇ハーリー」陸自15旅団、日米混成チーム参戦!(2018年8月7日更新)
平和・安全保障研究所が政策提言「新たな安全保障戦略の構築」を(2018年8月6日更新)
防衛省人事 官房副長官補に前田防衛政策局長(2018年8月6日更新)
平和・安全保障研究所 政策提言委員会 政策提言 記者会見内容(2018年8月6日更新)
平和・安全保障研究所 政策提言委員会 政策提言(ダイジェスト版)(2018年8月6日更新)
房総沖でPSI訓練「むらさめ」の乗員が容疑船舶に立入検査(2018年8月3日更新)
中国軍機が対馬西水道を往復 空自緊急発進(2018年8月3日更新)
中国艦が対馬海峡を航行(2018年8月3日更新)
西日本豪雨 防衛省チャーター船に宿泊も 広島での入浴支援終え岡山へ(2018年8月2日更新)
グラフ特集 西日本豪雨 被災者に寄り添う 陸幕長が視察(2018年8月2日更新)
西日本豪雨 3自衛隊 酷暑の中、支援活動継続(2018年8月2日更新)
海賊対処水上31次隊が出港 指揮官は初の女性(2018年8月2日更新)

 

 

朝雲新聞社の本

アジアの
安全保障
2018-2019

自衛隊装備年鑑
2018-2019

平成30年度
防衛ハンドブック

『朝雲』縮刷版
2017

2018自衛隊手帳
わかる
平和安全法制

自衛隊総合戦力
ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。