『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。

TOP > 防衛関連ニュース


 防衛関連ニュース

防衛省移行10年の歩み 政策官庁として課題に取り組む

2017年11月7日更新

宿願果たし「庁」から「省」へ昇格 国際平和活動に寄与

 「防衛省」が発足して今年で10年。振り返れば、昭和29年7月の防衛庁設置後、政策官庁である「省」への移行は宿願だった。半世紀に及ぶ関係者の尽力により、平成19年1月、防衛庁は晴れて「省」に昇格。記念式典に出席した当時の安倍晋三首相(第1次安倍内閣)は、「防衛省の発足は戦後レジームから脱却し、新たな国造りのための第一歩だ」と語った。

 その後10年、防衛省は政策官庁として南西方面の防衛強化をはじめ、北朝鮮の核・ミサイル開発への対処など、さまざまな安全保障上の課題に取り組んできた。さらに東日本大震災など大規模災害での被災者救援、イラク人道復興支援、南スーダンPKO、ソマリア沖・アデン湾の海賊対処など海外の平和構築活動にも積極的に寄与してきた。

 この10年を写真と年表で振り返るとともに、陸自OBの佐藤正久外務副大臣(参議院議員、元1陸佐)に、「防衛省10年 その評価と今後への期待」をテーマに寄稿してもらった。


(↑年表は「朝雲アーカイブ」でのみ公開しています)


 平成19年1月9日、「防衛省」が発足し、市ヶ谷庁舎の正門で新しい「門標」の除幕式を行う防衛省の幹部。中央左が初代防衛相となった久間章生大臣、同右が木村隆秀副大臣

 政権交代で民主党が第1党となり、鳩山内閣は8年余り続いた海自のインド洋補給支援活動の終了を決めた。写真は最後の派遣部隊となった補給艦「ましゅう」と護衛艦「いかづち」が東京・晴海埠頭に帰国、部隊を出迎えた鳩山首相(中央背広)=平成22年2月6日

 平成26年9月27日、長野・岐阜両県にまたがる御嶽山が突じょ噴火し、紅葉見物中の大勢の登山客が巻き込まれた。直ちに陸自12旅団などが災害派遣され、火山灰が降り注ぐ中で被災者の救出活動が行われた

 空自の次期主力戦闘機、F35Aの導入のため、米国で空自隊員の教育訓練が急ピッチで進められている。平成29年2月には空自操縦士が初めてF35Aで飛行した。一方、日本国内では同型機の機体製造が進み、飛行試験も行われた。臨時のF35A部隊は平成29年度末、三沢基地に新編される計画だ

・・・他

続きを読む

<防衛省10年 その評価と今後への期待①> 危機管理体制の強化、大きな進歩
佐藤正久氏(外務副大臣、参議院議員、元1陸佐)

九州北部豪雨の被災地 天皇、皇后両陛下が訪問(2017年11月17日更新)
沼津で自衛隊統合実動演習 水陸両用機能、着実に向上 報道陣に公開(2017年11月17日更新)
海自が初めて米空母3隻と共同巡航訓練 米印海軍とも共同実動訓練(2017年11月17日更新)
ロシア軍艦船3隻が対馬海峡を北上(2017年11月17日更新)
訓練場で「秋見つけ」陸自久居駐屯地が虫捕り行事に協力(2017年11月17日更新)
4部隊1チームに内閣総理大臣特別賞状 首相「自衛隊支える真の大黒柱」(2017年11月16日更新)
米大統領の発言受け小野寺大臣「自衛隊装備品 計画的に取得」(2017年11月16日更新)
砕氷艦「しらせ」南極に向け出航(2017年11月16日更新)
<訃報> 篠沢 秀夫 氏(2017年11月16日更新)
東北防衛局の補助金、交付金を活用し 青森県三沢市に2施設がそれぞれ完成、着工(2017年11月15日更新)
「海洋対潜群アットホーム」に608人「お父さんの仕事、よく分かった」(2017年11月15日更新)
海賊対処28次隊 留守家族に中間説明会 任務や生活状況伝える 佐世保(2017年11月15日更新)
平昌冬季五輪 特体選手9人を激励 自衛隊体育学校一丸で応援(2017年11月15日更新)
海幕広報室がインスタグラム開設(2017年11月15日更新)
<防衛省10年 その評価と今後への期待> 謙虚さを持った武力集団たれ 隊友会理事長 先崎一氏(初代統幕長、第29代陸幕長、元陸将)(2017年11月14日更新)
<防衛省10年 その評価と今後への期待> 隊員と家族を支援する会に 自衛隊家族会会長 伊藤康成氏(第27代防衛事務次官)(2017年11月14日更新)
陸自東北方面隊など日米指揮所演習ヤマサクラ73参加(2017年11月14日更新)
護衛艦「おおなみ」タイに派遣 ASEAN観艦式参加(2017年11月14日更新)
潜水艦「しょうりゅう」命名・進水式(2017年11月13日更新)
秋の叙勲 北原元施設庁長官、森元陸幕長 瑞宝重光章を受章(2017年11月13日更新)
日米韓参謀長級会談 北の脅威に対応 情報共有、即応態勢で協力(2017年11月13日更新)
ロシア軍機に緊急発進 日本海から太平洋を長距離飛行(2017年11月13日更新)
ロシア駆逐艦が宗谷海峡を西航(2017年11月13日更新)
小野寺大臣とNATO事務総長 北朝鮮問題で外交による解決目指すことで一致(2017年11月10日更新)
安倍首相とドゥテルテ大統領会談 日比、対北圧力で連携(2017年11月10日更新)
ジブチ・海賊対処航空部隊が29次隊に交代 28次隊、10月31日帰国(2017年11月10日更新)
ジブチから帰国途中に 日印哨戒機部隊 初の共同訓練(2017年11月10日更新)
自衛隊記念日レセプション 副大臣ら600人出席 国民の期待と信頼に応える(2017年11月10日更新)
トランプ大統領が初来日 日米首脳が会談「北への圧力、最大限まで高める」(2017年11月9日更新)
小野寺五典氏、18代防衛相に 第4次安倍内閣発足(2017年11月9日更新)
遠航部隊が帰国 5カ月かけ8カ国・13寄港地訪問(2017年11月9日更新)
念願かなって全力錬成中 陸自女性自衛官初配置(2017年11月9日更新)
入間航空祭 21万人来場 青空にブルーインパルス、25課目(2017年11月9日更新)
空自3高群 襟裳分屯基地でPAC3展開訓練(2017年11月8日更新)
研究開発シンポジウムに81社 空自開発集団、業務説明会を再構築(2017年11月8日更新)
空自1輸空のC130H、米で戦術空輸訓練に参加「地対空脅威」など模擬(2017年11月8日更新)
自衛隊統合実動演習に隊員1万5千人参加(2017年11月8日更新)
海自がハワイ周辺でミサイル実射を訓練 護衛艦「すずつき」派遣(2017年11月8日更新)
日米共同の海上自衛隊演習 海自幹部学校で開始(2017年11月8日更新)
空自千歳基地 開庁60周年で人文字(2017年11月8日更新)
防衛省移行10年の歩み 政策官庁として課題に取り組む(2017年11月7日更新)
<防衛省10年 その評価と今後への期待> 危機管理体制の強化、大きな進歩 佐藤正久氏(外務副大臣、参議院議員、元1陸佐)(2017年11月7日更新)
遠航部隊 帰国を前に実習幹部が露・ウラジオストク研修 韓国・ピョンテクにも寄港(2017年11月7日更新)
「都市型防衛」で協力・交流 シンガポール陸軍司令官 陸幕長と合意(2017年11月7日更新)
空自入間・飛点隊×国交省飛行検査センター 意見交換で親睦深める(2017年11月7日更新)
溺れた男性を救助 陸自東北方面衛生隊 新任医官2人に感謝状(2017年11月7日更新)
比で日米韓防衛相会談 北朝鮮の挑発を強く非難(2017年11月6日更新)
8空団のF‐2が米B‐1Bと訓練(2017年11月6日更新)
富士学校に統合火力教育訓練センター 要員養成シミュレーター訓練 公開(2017年11月6日更新)
東北方面指揮所訓練センター 新装なったATCE 全国で初 6偵察隊が斥候訓練(2017年11月6日更新)
SH‐60Jヘリ墜落 事故機を海底から揚収 隊員2人の死亡を確認 海自大湊(2017年11月6日更新)
日本の防衛を支える<1> ミネベアミツミ株式会社 石川宏・特機事業部長に聞く(2017年11月6日更新)

 

 

朝雲新聞社の本

2018自衛隊手帳
自衛隊装備年鑑
2017-2018

アジアの
安全保障
2017-2018

平成29年度
防衛ハンドブック

『朝雲』縮刷版
2016

わかる
平和安全法制

自衛隊総合戦力
ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。