A4判/オールカラー100ページ 定価:本体1,200円+税

全国の書店で発売中

島嶼防衛、弾道ミサイル防衛、防空戦闘、対水上戦/対潜戦、
上陸阻止戦闘、内陸部での戦闘
その時、自衛隊は…

各戦闘局面別に陸海空自衛隊主要装備品を網羅

担当者から

陸海空自衛隊装備品のスペックを満載した資料集として、防衛省・自衛隊の隊員たちにもご愛用頂いている「自衛隊装備年鑑」。その別冊を、「自衛隊総合戦力ガイド」として2013年12月に発売しました。

500以上の装備品を掲載する「自衛隊装備年鑑」から主要装備品を厳選し、弾道ミサイル防衛や防空戦闘、対水上戦/対潜戦、内陸部での戦闘など、日本が侵攻された場合の戦闘の局面ごとに、使用されると思われる陸海空自衛隊の装備品を迫力の写真とともに紹介するというスタイルで、実際の用途がイメージしやすいように構成されています。

そして、インタビューには石破茂自民党幹事長、香田洋二元自衛艦隊司令官、佐藤正久参議院議員にご登場いただき、集団的自衛権や島嶼防衛、中国の膨張政策などについてそれぞれ語っていただきました。

その内容は、中国の防空識別圏設定をはじめ、南シナ海や尖閣諸島周辺でトラブルが頻発している現在の状況を理解する上で、格好のテキストといえるもので、本来、装備品のスペック集である本書に、より深みを加えてくれました。一人でも多くの日本人に読んでもらいたいと思います。

A4判/オールカラー 100ページ
定価:本体1,200円+税
ISBN978-4-7509-8032-4

お買い上げは朝雲新聞社ホームページのお申し込みフォームか、Amazon.co.jpで。



巻頭PHOTO
10式戦車 護衛艦「ひゅうが」型 F-15J/DJ戦闘機 ブルーインパルス


 

 

 

侵攻事態1 弾道ミサイル防衛
  
 護衛艦「こんごう」型
 護衛艦「あたご」型
 弾道ミサイル防衛用誘導弾スタンダード・ミサイル
(SM-3)
 地対空誘導弾ペトリオット(PAC-3)
 固定式3次元レーダーJ/FPS-5
 固定式3次元レーダーJ/FPS-3改
 
侵攻事態2 防空戦闘
  
 F-15J/DJ戦闘機
 F-4EJ改戦闘機
 KC-767空中給油・輸送機
 20ミリ機関砲
 空対空誘導弾
 空対空レーダーミサイル
 空対空赤外線ミサイル
 
侵攻事態3 対水上戦/対潜戦
   
 F-2(A/B)戦闘機
 P-1哨戒機
 P-3C哨戒機
 SH-60K回転翼哨戒機
 SH-60J回転翼哨戒機
 護衛艦「むらさめ」型
 護衛艦「たかなみ」型
 護衛艦「はつゆき」型
 護衛艦「あさぎり」型
 護衛艦「あきづき」型
 護衛艦「しらね」型
 護衛艦「はたかぜ」型
 護衛艦「あぶくま」型
 潜水艦「おやしお」型
 潜水艦「そうりゅう」型
 ミサイル艇「はやぶさ」型
 艦艇搭載武器(砲熕武器)
 艦艇搭載武器(誘導武器)
 艦艇搭載武器(水雷武器)
 
侵攻事態4 上陸阻止戦闘
  
 掃海母艦「うらが」型
 94式水際地雷敷設装置
 79式対舟艇対戦車誘導弾および発射装置
 中距離多目的誘導弾
 多連装ロケットシステム自走発射機M270
 96式多目的誘導弾システム
 88式地対艦誘導弾
 12式地対艦誘導弾
侵攻事態5 内陸部での戦闘
   
 10式戦車
 90式戦車
 74式戦車
 120ミリ迫撃砲RT
 155ミリ榴弾砲FH-70
 84ミリ無反動砲
 203ミリ自走榴弾砲
 87式砲側弾薬車
 99式自走155ミリ榴弾砲
 99式弾薬給弾車
 01式軽対戦車誘導弾
 87式対戦車誘導弾および発射装置
 AH-64D戦闘ヘリコプター
 AH-1S対戦車ヘリコプター
 87式自走高射機関砲
 73式装甲車
 89式装甲戦闘車
 96式装輪装甲車
 87式偵察警戒車
 82式指揮通信車
 軽装甲機動車
 高機動車
 89式5.56ミリ小銃
 対人狙撃銃
 5.56ミリ機関銃MINIMI
 12.7ミリ重機関銃
 
侵攻事態6 島嶼防衛
   
 輸送艦「おおすみ」型
 エアクッション艇LCAC
 護衛艦「ひゅうが」型
 C-130H輸送機
 C-1輸送機
 OH-1観測ヘリコプター
 CH-47JA輸送ヘリコプター
 
災害派遣
   
 野外炊具1号
 野外入浴セット
 浄水セット、逆浸透型
 戦闘糧食Ⅰ、Ⅱ型
 81式自走架柱橋
 07式機動支援橋
 91式戦車橋
 92式浮橋
 UH-1J
 UH-1H
 UH-60J救難ヘリコプター
 U-125A救難捜索機
 
次世代装備
   
先進技術実証機(ATD-X)
護衛艦「いずも」
機動戦闘車
F-35AライトニングⅡ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インタビュー
石破茂自民党幹事長 「集団的自衛権、行使容認へのハードル」
佐藤正久参議院議員 「日本に起こりうる脅威」
香田洋二元自衛艦隊司令官 「島嶼防衛と統合運用」
<特集> 日本周辺海・空域で何が起きているか

 

 

 

 

お買い上げは朝雲新聞社ホームページのお申し込みフォームか、Amazon.co.jpで。